酒類販売業免許とは?

酒類販売業免許とは、酒税法に規定される酒類を販売するために必要な免許です。

免許を取得する場合は、管轄の税務署へ申請することになり、免許には有効期限はありません。

販売場ごとの免許が必要

酒類を販売しようとする場合には、販売場ごとにその販売場の所在地を管轄する税務署から酒類販売業免許を取得する必要があります。

例えば、本社で販売業免許を取得して酒類を販売している場合であっても、その他の営業所などで酒類の販売を行なう場合には、その営業所ごとに所轄税務署へ申請して、新たに免許を取得する必要があります。

酒類販売業免許の区分

酒類販売業免許は、以下の二つの免許に分かれています。

酒類小売業免許

一般の消費者や飲食店などに対して、酒類を継続的に販売する場合に必要な免許となります。

酒類卸売業免許

酒類販売業者や酒類製造業者に対して、酒類を継続的に販売する場合に必要な免許となります。

酒類小売業免許の区分

酒類販売業免許のうち、酒類小売業免許は、さらに以下の三つの免許に区分されます。

一般酒類小売業免許

販売場において、原則としてすべての品目の酒類を販売(通信販売を除きます。)することができる免許です。

通信販売酒類小売業免許

2都道府県以上の地域の消費者等を対象として通信販売によって、酒類を販売することができる免許です。

ただし、販売できる品目は、国産種は地酒などの小さな酒蔵などで製造されたもの、又は輸入酒に限られます。

特殊種類小売業免許

酒類の消費者等の特別の必要に応ずるため、酒類を販売することができる免許です。

酒類卸売業免許の区分

酒類販売業免許のうち、酒類卸売業免許は、さらに以下の八つの免許に区分されます。

全酒類卸売業免許

原則、全品目の酒類を卸売することができます。
注)卸売の販売地域ごとに、毎年、免許を付与できる件数が決められています。

ビール卸売業免許

ビールの卸売をすることができます。
注)卸売の販売地域ごとに、毎年、免許を付与できる件数が決められています。

洋酒卸売業免許

果実酒、甘味果実酒、ウイスキー、ブランデー、発泡酒、その他の醸造酒、スピリッツ、リキュール、粉末酒、雑酒を卸売することができます。

輸出入酒類卸売業免許

輸出する酒類、輸入する書類、輸出入する酒類を卸売することができます。

店頭販売酒類卸売業免許

自らの会員である酒類販売業者に対し、店頭において酒類を直接引き渡し、当該酒類を会員が持ち帰る方法による酒類の卸売を行うことができます。

協同組合員間酒類卸売業免許

自らが加入する事業協同組合の組合員に対する酒類の卸売ができます。

自己商標酒類卸売業免許

自らが開発した商標、または銘柄の酒類の卸売を行うことができます。

特殊酒類卸売業免許

酒類事業者の特別なニーズに応えるためのみ、酒類を卸売することができる免許です。

酒類販売業免許申請でお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、京都府・滋賀県を中心に関西一円での酒類販売免許申請手続きに関して、お電話又はメールにて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

酒類販売業免許についてのご相談は、お気軽にお問合わせください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る