当事務所に依頼するメリット

酒類販売業免許の実績多数

一口に酒類販売業免許といっても、営業形態によって、取得すべき許可の種別は様々です。

  • 店舗を構えてお酒を販売する。
  • オークションでお酒を販売する。
  • 輸入酒を酒販業者に販売する。

また、取り扱う品目についても様々な制限などがあるなど、一般の方が営業を開始するためには、様々な許可要件上のハードルがあるといえます。

ひかり行政書士法人では、様々な営業形態での酒販免許の申請をサポートさせていただいた実績が多数あります。

迅速かつ円滑に、許可取得までをサポートさせていただけます。

明瞭な料金体系

ひかり行政書士法人では、事前のご相談等で料金が発生することはありません。

お客様から、当法人への正式のご依頼をいただいた後、初めて当事務所の報酬が発生します。

また、ご提示しているサービス料金は、交通費や通信費などを全て含めた料金となっております。

一般社団法人の設立完了まで、当初ご提示した報酬額によって申請を行います。

別ウィンドウで開きます。 ⇒ サービス・報酬額一覧

申請手続きの煩わしさから解放されます。

酒類販売業免許の申請手続きは、提出書類も多く、大変面倒な申請となってしまいます。

その上、申請の受付は平日のみです。

そのため、なかなか時間がとれず、思うように申請できないこともあるかもしれません。

ですが、当法人へご依頼いただく場合は、そのような申請のわずらわしさから解放されます。

酒類販売業免許申請でお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、京都府・滋賀県を中心に関西一円での酒類販売免許申請手続きに関して、お電話又はメールにて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

酒類販売業免許についてのご相談は、お気軽にお問合わせください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る