通信販売酒類小売業免許サポート

通信販売酒類小売業免許サポート

通信販売酒類小売業免許の申請

通信販売を利用したお酒の販売に必要な通信販売酒類小売業免許の取得のために、専門の行政書士がフルサポートいたします。

お客様は、本来の事業活動の準備などに専念していただいている間に、通信販売酒類小売業免許に係る申請書類の作成の収集、役所との打ち合わせや申請の代理など、免許取得に関する全ての手続きを代行します。

申請手続きについてよくわからないという方や、書類を作成したり税務署へ何度も往復する時間がないという方にお勧めのサービスです。

申請サポート

通信販売酒類小売業免許 費用
報酬額 120,000円(税抜き)
登録免許税 30,000円
合 計 150,000円(+報酬額分の消費税)

※納税証明書や登記簿謄本などの取得に係る実費のみ、別途ご請求させていただきます。

サービスに含まれるもの

①申請書類の作成
②添付書類の取得
③行政庁との折衝
④申請書類の提出の代理

同時申請について

通信販売と一般酒類小売業免許を同時に申請する場合は、以下の料金となります。

通信販売+一般酒類小売業免許パック 必要な費用
報酬額 180,000円(税抜き)
登録免許税 30,000円
合 計 210,000円(+報酬額分の消費税)

必要な期間

免許取得までの審査期間は、おおよそ2か月~3カ月程度が必要となります。

免許取得までの流れ

免許取得までの流れは、以下の通りとなります。

  1. お客さま:免許取得についての打ち合わせを行います。
  2. 行政書士:必要書類の作成・収集を行います。
  3. 行政書士:申請書類等へ押印をいただいた上で、申請を代行します。
  4. お客さま:登録免許税の納付
  5. 行政書士:税務署の審査期間を経て、免許通知を受け取ります。 
  6. お客さま:営業開始

報酬額のお支払いについて

申請書類の作成後、お客様の押印をいただく際に、報酬額と実費分を記載したご請求書をお渡しいたします。

お振込みの確認をもって、税務署への申請を行います。

酒類販売業免許申請でお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、京都府・滋賀県を中心に関西一円での酒類販売免許申請手続きに関して、お電話又はメールにて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

酒類販売業免許についてのご相談は、お気軽にお問合わせください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る