条件緩和・変更手続きの申請代行

(作成中)

酒類販売業免許は、その種類によって、販売方法や販売できるお酒の種類などが限定されています。

取得している免許の営業の範囲を広げたい場合には、あらためて新規に申請するのではなく、交付されている免許の条件を緩和する手続きを行うことになります。

条件緩和の申出を行う場合とは、主に以下のような場合となります。

  • 酒類小売業免許を取得している→酒類卸売業も行いたい。
  • 一般酒類小売業免許を取得している→通信販売酒類小売業も行いたい。
  • 輸出入酒類卸売業免許を取得している→洋酒卸売業免許まで営業範囲を広げたい。

条件緩和の要件

条件緩和したい免許の要件を満たす必要があります。

許認可手続きについて、何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、京都府・滋賀県を中心に関西一円での各種許認可手続きに関して、お電話にて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

直接の相談をご希望の方は日時をご選択ください

ご相談日時(第一希望)
希望時間:

ご相談日時(第二希望)
希望時間:

ご相談日時(第三希望)
希望時間:

※先約が入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

ページトップへ戻る